TOP  NPO鹿児島・渚を愛する会について

最近の講演内容

2015年
平成27年度 渚の講演会
日時:2015年5月30日(土)
午後2時〜
場所:鹿児島県民交流センター
パソコン研修室第2(4階)
TEL099-221-6600

講師:鹿児島大市水族館公社 学芸員 築地新光子
演題 : 「 鹿児島でみつけたクラゲ 」


平成26年度 渚の講演会

日時:2014年6月14日
場所:鹿児島県民交流センター
第2パソコン研修室(4階)

25年度総会前に開催された講演会

渚の講演会
演題:「海にも雪があった」

講師:市川敏弘氏

釣り人には興味ある講演会 会場には釣りの名人が参加していた
「海に雪がある」なんてロマンチックですね
海にある雪は まるでぼたん雪のようにふわふわと海中を漂い美しくみえる
しかしそれは栄養素で プランクトンなど小動物の生活に欠かせない食物になる


渚の講演会
日時:2013年6月1日
場所:鹿児島市文化センター
第4会議室(3階)

25年度総会前に開催された講演会

演題:「天地の礼讃」

講師の、川涯利雄氏が
演題:「天地の礼讃」を講演、渚を理論的に、しかも解りやすくロマンチックに
短歌を織り交ぜ解説、時折参加者から「ワーッ」と賞賛の歓声が上がりました。


2012
平成24年度総会
渚の講演会
日時:2012年5月12日
午後2時〜
場所:鹿児島県県民交流センター
第2会議室(4階)


講師の、鹿児島市会議員 小川紗代子氏が
演題:「渚を愛することは 命を大事にすること」
を熱弁しました。

2011年
平成23年度総会
渚の講演会
演題:「海」の恵みは無尽蔵
講師:吉嶺明人氏
NPOタラソネットかごしま 代表
健康増進・産業振興・地域おこし
鹿児島県を中心とした海洋海域の資源活用と
健康に関連付けた楽しい講演で爆笑も時々あり海洋深層水で精製された
マグネシウム豊富な塩のサンプル配布に好評でした。
日時:2011年5月28日
場所:鹿児島県県民交流センター第2会議室(4階)


2010年
平成22年度総会
渚の講演会
講師:鹿児島大学水産学部教授
西隆一郎先生
演題:「渚の思い出」ー海岸の科学入門ー
日時:2010年6月19日(土曜日)
場所:鹿児島県文化センター第六会議室(3階)


2009年
平成21年度
渚の講演会
講師:鹿島 友義氏

演題:「 がんを恐れないで生きよう 」
ダイバーでもある、医師 鹿島友義氏が語る、
珊瑚の免疫と人の免疫に関係する
興味あるめずらしい話にみなさんがうなずき
話のおもしろさに聞き入っていました。


2008年
平成20年度総会
講演会開催
講師:鹿児島大学理学部准教授
佐藤正典先生
 
演題:「干潟の生きものの恵み」

平成20年度総会は、5月17日(土)午後2時
鹿児島県民交流センター
 大研修室第2(東棟3階)で開会


2007年
平成19年度総会
講師:元 南日本新聞社社長
 元 鹿児島テレビ放送社長

日高 旺(うまし)氏
演題 「 私が思い描く美しい日本 」
2007年6月2日 かごしま県民交流センターにて、


2006年
平成18年度総会
講師:
NPO鹿児島文学研究所 理事長
三嶽公子 先生
演題 「鹿児島文学散歩の楽しみ」
2006年6月4日 文化センターにて、


2005年
平成17年度総会
講師:霧島国際音楽祭友の会 事務局長
(株)グローバルユースビュロー専務取締役
KTS ニュースキャスター
古 木 圭 介  先生
演題  「国際化と鹿児島〜環境と文化を考える」
2005年5月14日(土)午後2時
かごしま県民交流センターにて、

平成17年度総会をかねての記念講演がありました。
国際社会の日本人として、自由と責任、権利と義務を
教育として考え、50年先を見越した国ずくりのあり方を提言。


2004年
平成16年度総会
講師:NPOくすの木自然館 専務理事 浜本奈鼓 先生
演題 「人の棲む場所」
2004年6月5日鹿児島県民交流センターで開演。
同日は平成16年度総会をかねての記念講演で、
桜の木が夕暮れに映えているのに目覚めた4才の時の、
地球環境に思いを寄せ始めてから、自然と人とのつきあい方を提言。
環境省 環境カウンセラー
鹿児島県景観アドバイザー
鹿児島県環境学習アドバイザー
鹿児島県森林審議会委員
鹿児島県港湾審議会委員
その他十いくつの環境審議会にて活躍中です。

2003年
平成15年度総会
NPO鹿児島 渚を愛する会設立25周年記念会
2003年10月4日ホテルパレスイン鹿児島にて、講師:宮崎緑 先生
演題: 
「奄美から見た世界」。の楽しい感動の講演がありました。


宮崎緑さんを囲み、各テーブルで記念撮影


入会申込みする  NPO鹿児島・渚を愛する会について


TOP